音楽を楽しみたい方やitunesを頻繁に利用されている方にオススメの音声ファイル再生ソフトがある。それがQuicktime Playerです。

ここでは、無料で利用できるQuicktime Playerについてや利用するメリット、Proという有料版の料金や購入方法、そして無料ダウンロードと簡単な使い方などをまとめています。

スポンサーリンク

Quicktime Playerを利用するメリット!

QuickTime Playerはアップル社が開発するマルチメディアプレーヤーです。QuickTime形式の動画や音声を再生できるほか、MOVやMP3などの拡張子にも対応しています。またプラグインを使うことでほとんどの動画が再生できちゃうんです。

では、利用するメリットを少しだけ見ていきましょう。

《無料で使える》

QuickTimePlayerは無料で利用できます。Appleの公式サイトからダウンロードすることができますし、iTunesをダウンロードした際に自動でインストールされます。

《動画撮影も可能》

音声や動画ファイルを再生できるのはもちろん、FaceTime HDカメラを利用することで動画の撮影ができたり、音声録音・画面キャプチャや簡単な動画編集を行えます。

 

このように、このソフトだけで音声動画関係のアクションがすべてご利用いただけるすぐれものです。トラックさえ認識できれば、様々な拡張子の音声ファイルが含まれていても同じコンテナ上で再生できます。

そのため頻繁に動画や音声ファイルを使用する方にとってはもちろんのこと、iTuneを利用することの多いiPhoneやMacユーザーにとって余計なソフトをインストールする必要がなくなります。

Quicktime Player Proの料金や購入方法

QuickTime Player Proは、アップル社が有料で配信しているQuickTime Playerのアップグレード版となるマルチメディアプレイヤーです。

アップグレードすることで、QuickTime Playerの機能が拡張されいくつかの機能が利用できます。まず、ムービーの細かい編集が可能となり、再生動画や画像のプロパティを設定することが可能となります。特にムービーの高画質化などもQuickTime Player Proにアップグレードするとできるようになります。

スポンサーリンク

では肝心の有料版の料金は3,400円です。しかし、実は2016年5月に販売がすべて終了しております。ですので現在購入する手段はございません。

以前購入したことのある方は、アップルストアから登録コードの書かれたメールが送信されていますので、それを確認してください。その登録コードを無料版のQuickTime Player内で入力すれば、Pro版にアップグレードすることができます。

Quicktime Playerの無料ダウンロードと簡単な使い方

QuickTime Playerのダウンロードや使い方は簡単ですので、さっそく見ていきましょう。

《無料ダウンロード》

  1. Apple社の公式サイトにアクセス。
  2. メニューにある「サポート」を選択。
  3. 画面一番下のリソース欄の「ダウンロードとアップデート」を選択。
  4. 画面の検索窓に「Quicktime Player」入力をすれば表示されます。
  5. 最新バージョンを選択※Mac版とWindows版がるので注意
  6. ダウンロードボタンを選択すれば自動でダウンロードが開始されます。
  7. ファイルを起動させ、案内に従うとダウンロードが完了します。

それほど難しくはないので、やってみましょう。

《使い方》

音声や動画ファイルを利用するときに、ダブルクリックすると自動でQuickTimePlayerが起動します。その後、音声や動画が再生されますから、お好きなように動画を長さを編集で短くしたり、動画の書き出しやyoutubeに公開することもできます。

まとめ

※Quicktime Playerの公式サイトはこちらです。

音楽編集ができ、さらに動画の編集もできるというソフトなので、Quicktime Playerさえパソコンに入っていればなんでもできちゃいますね。もし無料版で物足りない時には有料版のproに変更も考えても良いのではないでしょうか。

デザインが良いスピーカーをつけよう!

で動画や音楽を楽しむ時には、スピーカーを準備して音を楽しむのも良いのではないでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。