日本全国に点々とある宿泊施設の1つで、今やその名前を知らない人はいないと思われる会社がある。お部屋1つ1つに使いやすさの工夫がされており、宿泊施設としては充実しているアパホテルをご紹介していきます。

ここでは、アパホテルについてやネット予約とメリット、アパカードについてや宿泊先の良いところなどをまとめています。

スポンサーリンク

アパホテルとは?

アパホテルは石川県金沢市発祥のホテルチェーンで国内外合わせ400店以上のホテルを展開しています。近年は東京都内に出店を加速していて、幕張新都心には地上50階建て高さ180mの超高層タワー、アパホテル&リゾート東京ベイ幕張がオープンしました。これは日本でいちばん高層のホテルとなります。

アパホテルはのビジネスホテルでは、自動精算機を利用したチェックインや、キーを入れるだけでチェックアウトができるポストなどが設けられています。客室は清潔感があり、ベッド下にキャリーバッグなどのかさばる荷物をしまうことができることで広々と部屋を使うことができる工夫がされています。

また、館内には長期滞在者向けにコインランドリーコーナーも併設されています。他にも、アパヴィラホテルと呼ばれる高級感のあるブランドのホテルや、アパホテル&リゾートと呼ばれるラグジュアリーリゾートホテルまでを展開しています。

アパホテルのネットでの予約方法とメリット!

アパホテルの予約は、アパホテルのホームページから簡単にできます。

《予約方法》

まず初めに、アパカード会員に入会していると全国のアパホテルの宿泊施設を利用した料金に応じてポイントがたまりますので、会員になっておくことをオススメします。

  1. トップ画面の「ホテル宿泊予約」のところに必要事項を選択し検索。
  2. プランを選択し、次の画面にて内容確認後「予約へ進む」ボタンを選択。
  3. アパ会員であればログインし、会員で無ければ一般予約に進みます。
  4. 画面に沿って予約手続きを進めれば完了です。

ネット予約であれば、最長11ヵ月先の予約にも対応しているので、家族旅行や会社で施設確保をしたいときなど、先の予定が決まったらすぐに部屋を確保することができます。

なお万が一、急な予定変更でもWeb上で簡単に予約の変更も可能ですから安心ですよ。

スポンサーリンク

アパカードとエポスカードを使うとお得!?

アパカードは入会金・年会費無料なので気軽に作成できますし、出張なのでアパホテルの利用回数が多い方などは作成しておくとポイントが貯まっていくのでお得なんです。

まず、アパホテルのサイ卜から予約をするとポイントが10倍になるんです。貯まったポイントはキャッシュバックやアパセレクション商品と交換ができます。現金還元率は業界最大級の最大11%となっています。

 

また、アパカードではなくエポスカードを持っていても、支払い時に利用しても様々な特典をうけられます。

  • 特別な宿泊プラン
  • エポスポイントが5倍
  • チェックアウト時間が1時間延長
  • レストランのディナータイムで10%割引
  • スイートルームを特別レートで利用できるスイートルーム優待

この他にも様々なキャンペーンが随時実施されていて、お得に宿泊することが可能です。また、貯まったエポスポイントは1,000ポイントでアパホテルクーポン券1,000円分と交換することも可能です。

アパカードの会員登録はこちら

アパホテルの良いところ

アパホテルの良いところは、何といってもほとんどの宿泊場所で大浴場があることです。その他の良いところも見ていきましょう。なお、主観的な部分が入りますのであくまでも参考程度に見てください。

  • 部屋の清潔さや快適性が良い
  • 空気清浄機が設置されている部屋もある
  • 室内は機能的に設計されていて、アメニティも充実
  • 上質な雰囲気
  • Wi-Fiが無料で装備
  • 接客のレベルが高い
  • 室内の清掃が終わった際、合図としておかれているベッドの折り鶴が好感が持てる

また、私が利用した時には、シングルの部屋を予約していたのですが、当日ツインの部屋に空室があり宿泊料金は同額で広いツインの部屋に変更してもらったことがあります。※あくまで宿泊の予約状況によると思います。

まとめ

※アパホテルの公式サイトはこちらです。

アパホテルはベストレートが宣言されていて、他のインターネット予約サイトと同一条件の場合、価格は最安値になっています。なので比較するにも税込み表示なので比較しやすい点も良いところですね。

宿泊する機会がありましたら利用してみたいところですね。

アパホテルの予約をしたらこれを準備!

旅行や出張などで一番面倒なのが荷物ですね。コンパクトで持ち運びが便利なキャリーケースを準備して荷物を入れて出発しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。