大切なiphoneを無くしてしまった時などは大変ですよね。運よく拾ってくれる人がいればいいのですが、見つからないことが多いです。

そんな時に便利なのが今回ご紹介する「iphoneを探す」です。まずiphoneを探すについてや使い方、オフラインと表示された時の対処法などをまとめています。

スポンサーリンク

iphoneを探すは非常に便利!

iphoneを探すは、名前の通りiOSデバイスの位置情報を検出して表示してくれるアプリケーションのサービスとなっています。こちらのサービスはiCloudで使用をすることができるようになっています。

設定できる端末は、iPhone・iPad・iPod touch・Macなどで「iPhone を探す」を設定することができるようになって、設定するとデバイスをなくしてしまっても「iPhone を探す」を使い検索することが可能となっています。

 

では、iPhone を探すはどのようなことができるのかというと。

  • 紛失したデバイスの位置情報
  • 地図表示がされ位置が表示
  • 遠隔操作で音を鳴らす
  • デバイスをリモートロック
  • デバイス上でサウンドを再生・メッセージ表示

このように、地図だけではなく近くに来た時に捜索しやすいように音をならせるところなどは非常に便利ですね。こちらの操作をするには、iCloud.com または 「iPhone を探す」にサインインするだけで利用できます。

iphoneを探すの使い方!設定や探す方法

iPhoneを探すは、iPhoneを購入したときから標準で組み込まれているセキュリティサービスです。なくなってしまったデバイスなどの位置の確認するのに重要ですので、簡単な設定や使い方を見ていきましょう。

設定方法

  1. iphoneの設定からiCloudを開きます。
  2. 緑色の丸いマークのiPhoneを探すをタップします。
  3. ここでON・OFFに切り替えをします。
  4. ダイアログで位置情報の共有を許可にします。

これでiPhoneを探すが有効になったり、無効になったりできます。

さらに、iOS 8では最後の位置情報を送信といったオプションも用意されており、バッテリー残量が少ない時に位置情報をAppleに送信できる機能となっています。こちらも必ずオンに設定しておきます。

スポンサーリンク

探す方法

  1. iPhoneを探すアプリを起動します。
  2. 登録してあるApple IDを使ってサインインします。
  3. サインインしたApple IDで、使用している端末が見つかると地図上に表示されます

このように簡単に検索することができるますよ。

iphoneを探すにオフラインと表示される!原因と対処法

iphoneを探すを利用したいと思っているけれど、オフラインと表示されるときがあります。

iphoneを探すがオフ

iCloudの設定において、オフになっている可能性があります。オフになっていればONに切り替えましょう。

位置情報サービスがオフ

位置情報サービスのiPhoneを探すがオフになっていることもあります。もしオフになっていた場合は、ONに設定し直しましょう。

iphoneの電源がオフ

iPhoneの電源が落ちてしまっている場合にも、オフラインと表示され残念ながらiPhoneが探すことができません。いわゆるバッテリー切れですね。

この場合は、iphoneを無くす前に「iPhoneを探す」をオンし、下部に「最後の位置情報を送信」のメニューが表示されますので、こちらをONにしておく必要があります。これでiPhoneのバッテリーが切れる直前に、位置情報が送信されます。

オフラインと表示される原因はこれだけありますので、一度確かめてみましょう。

まとめ

※iphoneを探すの公式サイトはこちらになります。

せっかく良い機能がついているのに活用しないと損ですから、IOSデバイスなどを購入した際は必ず設定をしておきましょう。設定の仕方や使い方は非常に簡単ですので、万が一の事に備えて置けば安心ですね。

iphoneを探すを起動するのもいいけど、念のためGoogleホームも活用しよう!

Googleホームで設定しておけば、電話を鳴らしてくれたりすることができます。ですのでiphoneを探すと両方設定することでより見つけやすくなるかもしれませんね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home(グーグル ホーム)
価格:15120円(税込、送料無料) (2017/12/21時点)

最後まで読んでいただきありがとうございました。