Windows10に変更されたり、パソコンを新しくするとMicrosoft Edgeってなに?と思った方もいるかもしれません。実はInternet Explorerと比べると優れているところが多いのです。

そこで今回は、Microsoft Edgeの特徴とInternetExplorerとの比較、お気に入り登録とホームボタンの設定、そしてダウンロードとアンインストールはできない!?などをまとめています。

スポンサーリンク

Microsoft Edgeの特徴とInternetExplorerとの比較

新しいWebブラウザの「Microsoft Edge」とはどういったものなのか見ていきましょう。こちらはWindows 10に搭載されており、 iOS デバイス向けに改良されていて、高速で安全でバッテリーもより長く持つブラウザーなんです。

では、Internet Explorerとの違いを見ていきましょう。

  • Microsoft Edgeは、フラットなデザインが採用されているため見やすい。
  • ボタンもシンプルなデザインで、サイズも大きい。
  • アドレスバーも比較すると大きく、URLやキーワードなどが入力しやすい。

新機能も含めて、上記のようなさまざまな機能を実行するボタンなどが、Internet Explorerより大きくなっていますしクリックやタッチ操作などもしやすくなっています。

さらに、Microsoft Edgeの方がInternet Explorerより約2.3倍高速なのも大きな違いです。このため、表示スピードが大幅に速くなっているのです。スピードと安全性の両方で、Microsoft Edgeの方が優れているといえるでしょう。

Microsoft Edgeでのお気に入り登録とホームボタン設定方法

Microsoft Edgeを利用すると何かと使う 「お気に入り機能」と「ホームボタンの設定」こちらをご紹介していきます。

お気に入り登録

  1. まず、あなたが良く開くサイトやページにアクセスします。
  2. 上部メニューバーの「☆印」を押すとお気に入りポップアップが表示されます。
  3. 「名前」「作成先」を確認し「追加」を押せば、お気に入りが登録が完了。

たったこれだけなので、非常に簡単です。また、お気に入りに登録したページに関しては「☆印」の色が変わります。

スポンサーリンク

ホームボタンの設定

新しいブラウザー「Microsoft Edge」では、ホームボタンを設定することもできます。※デフォルトでは非表示

  1. Microsoft Edge を起動し画面右上の「・・・」を押します。
  2. メニューが表示され「設定」を選択。
  3. 「詳細設定」を選択し、ホームボタンを表示するを「オン」すればOK。

これでホームボタンの設定が完了し表示されます。

Microsoft Edgeのダウンロードとアンインストールはできない!?

Microsoft Edgeのダウンロード手順を知りたいという方も多いと思いますが、実は、元々Windows10で標準インストールされているのが特徴となっています。つまり、Microsoft EdgeはWindows 10 にのみ付属しているということになりますので、個別にダウンロードしたりインストールすることはできません。

 

しかし、Microsoft Edgeが何かの不具合で動作しないという場合がありますね。この場合には、修復またはリセットを試みるようにしましょう。それでも難しい場合は、自己責任になりますが・・・。

通常アンインストールができないMicrosoft Edgeを、Windows7にすることでなくすことができるという裏技があります。ここまでしてやる必要はないと思います。

通常OSに標準搭載されているアプリなどは、アンインストールができませんので、Microsoft Edgeも無効にすることはできません。このため、必要がないと判断した場合には、使用しないという対処法しかありません。例えば、メインブラウザをグーグルクロームなどに変更することによって対処をする必要があります。

まとめ

※Microsoft Edgeの公式サイトはこちらです。

Windows10がパソコンに入っていれば必ず導入されているMicrosoft Edgeですが、さまざまな点でInternet Explorerより使いやすくなっている状態ですね。

今までInternet Explorerを使っていた方にとっては少し使いずらさはあるかもしれませんが、慣れてしまえばサクサク操作できます。一番良いのは速度が速いという点がいいですね。

お洒落にブルーライトカット!

Microsoft Edgeのブラウザーを使うにしても目は大切ですね。ブルーライトカット専用のメガネを購入し掛けていればそんな心配もなくなります。

最後までご覧いただきありがとうございました。