パソコンを買ったけどExcelやWordが使いたい!もしくは違うパソコンで共有もしたい!などという悩みもあると思います。そんな悩みを解決してくれるのが今回ご紹介するOffice Onlineです。

ここでは、Office Onlineについてや使い方、そして私なりに利用してのメリットとデメリットをまとめています。

スポンサーリンク

Office Onlineとは!?

office Onlineは、Microsoft が提供しているWebブラウザー上で使用できる無料のオンラインアプリケーションの一つとなっています。インターネット環境があれば、色んなデバイスから無料で使うことができます。

では、どんな事ができるのかというと、Word、Excel、PowerPoint、そしてOneNoteのドキュメントを表示したり、さらには編集・共有をすることができます。

有料版のOffice製品のWordやExcelなどと同様に、高い互換性を誇っているのが特徴で、少し使うだけという方には十分過ぎる機能が備わっていることでも知られています。

 

ただし、有料のOfficeソフトと比較すると、Word・ExcelそしてPowerPointで編集を行う場合には、使用をすることが出来なかったりすることもありますし、機能などがなかったり、制限されてしまう機能などもある為、不便を感じることもあります。

しかし、普通に使用する程度であれば問題なく使えると思いますよ。

Office Onlineの簡単な使い方や保存方法

Office Onlineを利用するには、マイクロソフトアカウントが必要となりますので、取得をしておきましょう。

簡単な使い方

  1. 公式サイトへアクセスします。
  2. 利用したいアプリを選択しマイクロソフトアカウントのアドレス・パスワードを入力しアクセスすればOKです。

こんな簡単にエクセルやワード、PowerPointなどのソフトを無料ですぐに使うことが可能です。Office製品をお持ちでない方はどんどん利用して見ましょう。

スポンサーリンク

保存方法

デスクトップ上に保存したい時もありますよね。そんな時は・・・。

  1. ファイルタブを選び、名前を付けて保存を選択。
  2. 「ダウンロード」を選択し保存場所を選択します。

これで、OneDriveに保存されたファイルをダウンロードして、デスクトップへ保存することが可能です。

※通常の作業中の保存は自動保存になります。

Office Onlineのメリット・デメリット

Office Onlineには、さまざまなメリットとデメリットがあります。まずは、メリットから見ていきましょう。

メリット

  • 無料で利用が可能
  • Webブラウザが対応していれば、OSは問題なく利用をすることができる
  • ストレージはOneDriveを利用する

Excel Onlineなど、アプリ版でできることはとても多いですし、基本的なことは操作が可能となっていて、日常的に使う分にも問題はありませんよ。

デメリット

Office onlineのデメリットは、以下の通りです。

  • Web版を日常的に使うという場合、多少物足りなさがある
  • 使う事ができる機能に制限がある

通常のOffice製品と比べると差が少しあり、長くExcelなどに親しんできたという方にとっては使い勝手が違い、多少違和感を感じたり、制限で不便を感じることもあります。

例えば、Excelに関していうと図形などがありません。逆に全く使ったことのない人が使う分には、不便さを感じないのではないでしょうか。

まとめ

※Office Onlineの公式サイトはこちらになります。

完全に無料で使うことができますので、コストを掛けたくないという方にはオススメです。しかも使うまではマイクロソフトアカウントがあれば誰でも簡単に利用することが可能です。

少なからず、デメリットはあるものの割り切ってしまえば十分だと思いますよ。

Office Onlineで見られたくないエクセルの中身などは左右からガード!

Excelやワードを使っていて横から見られることがありますよね。大切なデータを見られるのはちょっと!と思ったらプライバシーフィルムを貼って、Office Onlineで作成した資料をガードしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。