音楽や動画などをお持ちの端末に入れて再生させたいと思った時に、面倒であったり、ファイル形式を間違えて再生できなかったりすることもあるでしょう。そんな悩みを解決して、お持ちの機種で再生できるように一括で変換してくれるソフトが、今回ご紹介するXMedia Recodeです。

ここでは、XMedia Recodeについてや日本語ダウンロード方法と簡単な使い方、そして利用するメリットなどをまとめています。

スポンサーリンク

XMedia Recodeとは!?

XMedia Recodeは、幅広いレンジのフォーマットに対応したメディアファイル変換ソフトです。例えば、音楽や動画などにはDVDを動画に変換したり、音楽のファイルを変換したりすることが可能です。

では、少しだけ良さをご紹介していきます。

まず、対応しているフォーマットが多く、メジャーなものからマイナーなものまで大抵は変換できるようになっています。そして、変換の時には、フレームルート・ビットレート・エンコード方法などを詳細に設定することができます。

さらに、解像度変更やアスペクト比変更などさまざまな処理を同時に行うことができるので、便利でとても重宝しますよ。 

XMedia Recodeの日本語ダウンロード方法と簡単な使い方

利用したいけど日本語に対応しているの?という不安もあるかもしれませんが、日本語に切り替えができますので見ていきましょう。

日本語ダウンロード方法

  1. XMedia Recodeをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたexeファイルを起動します。
  3. 画面に従い操作していると、利用する言語で「日本語」を選択して「OK」を押します。
  4. 最終的に「インストール」ボタンを押せば完了です。

言語選択のところで日本語になっていることもあります。日本語になっていればそのまま、なっていなければプルダウンメニューから日本語を選択すればOKです。

これで、デスクトップ上にXMedia recodeのアイコンができているはずです。

簡単な使い方

XMedia Recodeを起動して、左上のアイコンを選択します。変換元のファイルの場所によって、「DVDドライブ」か「ハードディスク」のどちらかを選択し、「開く」のボタンを押します。

次はエンコード設定をするのですが、変換したいファイルを選択して下段にある設定のタブの中から「形式」を選択し、出力ファイルの形式を選択します。「映像」を選択し「レート制御モード」、「ビットレート」、「プリセット」を編集します。

初めてやるという方は、まずこの使い方でやってみてくださいね。

スポンサーリンク

XMedia Recodeを利用するメリット!

XMedia Recodeは高性能で、動画の画質をそのまま持ち越したような高画質の性能を持ったソフトです。その他にも利用するメリットをご紹介していきます。

お好みに合わせた動画編集

多彩なフォーマットを使用することができるので、自分の好みに合わせた編集ができるのも、このソフトの特徴です。また、エンコードさせたい複数の動画ファイルをリストに登録することで、一括で変換することができます。

そのため、一つずつ指示する必要がなくなるため、夜中の寝ている間などにすべてエンコードを済ませてしまうことが可能なんです。

日本語にも対応

日本語が選択できるのも嬉しいですね。これによって使い勝手には特に不便なく使用できます。

プロファイルも豊富

プロファイルからメーカーと機器名を選ぶだけでその機器で再生可能な動画に変換することも可能です。プロファイルはPlaystation3やipod、PSPウォークマンなど70以上も内臓されているんです。

ビットレート値が変更可能

ビットレート値を変更することも可能で、大きくしたり小さくしたりで、動画の品質を変えることもできます。入力する値で、動画がどのくらいの大きさになるか、赤で囲んだボタンを押すことで、どの程度になるか見ることが可能です。

 

これだけ見てもメリットはたくさんあるソフトで、動画編集に関してはほとんどのことができちゃいます。自分で自作の動画をサイトにアップしている人には、このソフトはお勧めだと思いますよ。

まとめ

※XMedia Recodeを詳しく知りたい方は窓の杜にて参考にしてみてください。

動画編集ソフトを使うにはこれ!と思ってしまうほどメリットが多いですね。日本語にも対応しているので、抵抗なく利用できますね。

XMedia Recodeで作業するにもワイヤレスが便利!

パソコンを購入すると付いてくるマウスですと、配線が邪魔になる時があります。そんな時には、ワイヤレスマウスを使うと作業が楽々になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。