クレジットカードを作るのに抵抗がある人や、お金を持ち歩かないでコンビニで買い物をしたい人に便利なのが、今回ご紹介するVプリカです。こちらは気軽に購入もできネット環境があればすぐに利用できます。

ここでは、Vプリカを利用するメリットやコンビニ購入方法、そして使い方や便利な機能などをまとめています。

スポンサーリンク

Vプリカを利用するメリット!

Vプリカとは、VISAが発行しているインターネット上でクレジットカードと同じような使い方ができるプリペイドカードです。非常に便利に使うことができるので、ある意味クレジットカードよりも便利と言ってもいいでしょう。

《簡単に購入が可能》

ネット回線があればパソコン・スマホでもすぐに購入が可能です。また、セブンイレブン・ローソンなどのコンビニでも簡単に購入することができます。

《審査が無い》

クレジットカードの場合は審査が必要ですよね?そのため、作成できないということもあります。しかしVプリカは本人確認も無く審査もないので利用する側としては非常に便利に使えます。

《使い過ぎる心配が無い》

オンラインゲームを頻繁にやっている人は課金することが多いと思いますが、課金し過ぎてしまうこともありますよね。そんな時に役立つのがVプリカです。こちらは上限が決まっているプリペイドカードなので、残高の金額分しか使えないわけです。

ですので、使いすぎる心配がありません。

Vプリカをコンビニで購入する方法!

Vプリカを購入する手順は3つあります。

  • インターネット(無料会員登録が必要)
  • コンビニエンスストア
  • Vプリカを扱う店舗

今回はコンビニでの購入方法についてご紹介していきますが、コンビニによってそれぞれ端末が異なります。

ファミリーマート

  1. Famiポートホーム画面からプリペイドを選択。
  2. 電子マネー(オンラインマネー)を選択しVプリカを選択。
  3. 注意事項を確認しOKボタンをタッチ。
  4. 購入したい金額を選択し、金額を確認したらFamiポートから紙が印刷されます。
  5. 申し込み券を持ってレジでお金を払えばOKです。

スポンサーリンク

ローソン

  1. Loppiホーム画面で各種サービスメニューを選択。
  2. 携帯・国際プリペイドを選択しネット用マネーを選択。
  3. ネット用マネーVプリカを選択し、サービス内容を確認してOKボタンをタッチ。
  4. 金額を選択し申込内容を確認。
  5. Loppiから印刷された申し込み券を持ってレジでお金を払えばOKです。

セブンイレブン

  1. マルチコピー機のホーム画面からプリペイドサービスを選択。
  2. 電子マネー音楽動画ネットショッピングを選びます。
  3. ブランドプリペイド選びVプリカを選択し商品確認を行いOKボタンをタッチ。
  4. 購入時の注意事項を確認して同意するボタンをタッチ。
  5. 購入する金額と購入枚数を選択し内容を確認しOKボタンをタッチ。
  6. 出力される代金払込票を持ってレジで支払いをすればOKです。

すべてのコンビニでは代金支払い後にコードが受取れますので、以上の手順でやってみてください。

Vプリカの使い方と便利な機能

Vプリカの使い方は簡単ですので見ていきましょう。

《使い方》

Vプリカを使うには、Webサイトでユーザ登録をすることとインターネット環境が必須となります。登録が終われば、会員専用のMyページにアクセスすることが可能になり、Vプリカの購入や残高確認などの機能を使うことができます。

また、発行・購入関連の手続きはコンビニで購入した発行コードの入力、ギフトキーを入力してVプリカを発行することができます。もちろんネット上で購入手続きも可能ですよ。

《便利な機能》

便利な機能としては各種設定です。

  • カード情報や利用明細の確認が可能
  • 残高の合算が可能
  • セキュリティロック、または再発行ができる
  • 自分の登録情報を確認・編集
  • Vプリカギフト登録でVプリカギフトをアカウントに登録することも可能

さらに、実際のカードは発行されませんが、Vプリカのカードを画面で見たり、デザインを選ぶこともできます。自分好みのデザインを選ぶこともできるので楽しみましょう。

まとめ

※Vプリカの公式サイトはこちらです。

この1枚あるだけで、非常に便利に使えますね。やはり一番は審査もなくコンビニなどでも気軽に購入することができる点です。使い方も簡単ですから、これを機会に使ってみても良いのではないでしょうか。

いつでも使えるようにカードケースへ

Vプリカを貰ったら無くさないようにカードケースに入れて持ち歩くか使う時まで入れておきましょう。じゃばらのケースなので非常に使いやすいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。