何かのお返しを考えている時に思いつくのがギフト券。その中でも貰って嬉しいギフトカードの1つとしてAmazonギフト券がある。

ネットショッピングをする方でAmazonを使ったことがないという人はいないと思いますが、そんなAmazonギフトについてや購入方法、そして使い方などをまとめています。

スポンサーリンク

Amazonギフト券はカタログギフトより便利

通販サイトのAmazonで使えるものがAmazonギフト券です。有効期限も購入してから10年と長く、数多くの商品の中から好きなものを購入できるので、贈り物に最適です。

スマホからも注文でき、送料無料ですぐに届けることができるので、急にお祝いが必要になったときも便利ですね。お好みの予算を決めておけば、あとは好きなデザインや以下のタイプを選べばOKです。

  • デジタルタイプ:Eメールタイプ・印刷タイプ・チャージタイプ
  • 配送タイプ:グリーティングカードタイプ・封筒タイプ・ボックスタイプなど

やはりギフト券のメリットは、欲しいものをお相手に選んでもらえるという点でしょう。カタログギフトと比べてAmazonなら商品数も多いので、必ず欲しいものが見つかると思いますよ。

 

もし、ギフト券だけだと味気ないなと感じるのであれば、オリジナルギフト券もあります。好きな写真とメッセージを入れて世界に1つだけのギフト券をプレゼントできます。

また、アニメーションを入れてデジタルタイプのギフトカードを贈ることもできたりと、いろいろ工夫できるのがAmazonギフトカードの魅力です。

Amazonギフト券の購入方法

基本的に身近にあるコンビニかAmazonサイトにて購入した方が早いと思います。

コンビニで購入

コンビニへ行くと、レジ付近にAmazonギフト券がぶら下がっていませんか?店頭によっても取り扱っている金額が違いますが、一般的には3000円や5000円タイプが多い気がします。

コンビニで購入すると、手数料がかからないのがよいですが、ラッピングをしてくれないためプレゼントの場合は自らラッピングする必要があります。その作業が苦で無ければコンビニが一番わかりやすいと思いますよ。

スポンサーリンク

Amazonで購入

Amazonサイトからの購入は、他タイプもありますがデジタルタイプの利用が多いかと思います。どのタイプを購入するか決めたらカートへ入れてお支払い手続きをするだけです。

※デジタルタイプはクレジットカードの支払い以外は受け付けていないので注意してください。

Amazonギフト券を貰ったら登録!一般的な使い方

何かでAmazonギフト券を受取ることがあると思いますが、貰ったら登録をします。

  1. Amazonにログインし、上部の「ギフト券」を選択。
  2. 「ギフト券を登録する」を選択し、番号を入力。
  3. 「アカウントに登録」を押せばOKです。

登録するとアカウントサービスに残高が表示され、Amazonギフト券が利用できる商品を購入する時には、自動的にギフト券が使われるようになっています。

もし使いたくないという場合は、購入商品の支払い方法を選択する画面の時に、Amazonギフト券の金額が表示されるボックスが出てきます。そのチェックを外すことで、残高を使用しないで注文を確定させることができます。

 

また、Amazonギフト券は、Kindleコンテンツやデジタルミュージックストアなどの商品にも使うことができます。Amazonギフト券を使用するというオプション設定で、チェックしてから購入しないと適用されないので忘れないようにしましょう。

《注意点》

  • Amazonギフト券を使う時に有効期限切れにならないよう注意しましょう。
  • 一部使えない商品があります。

Amazonギフト券は、利用者にとって非常に嬉しく便利ですが、注意点だけは気を付けてくださいね。

まとめ

※Amazonギフトの公式サイトはこちらです。

贈るのも貰うのも最適なギフト券ですね。贈る時にはメッセージはカード裏面に書くことができますし、ちょっとした工夫で嬉しさが倍増できるところがいいですね。

誰に送ったか忘れてしまう時は手帳に!

Amazonギフト券を送った相手をこまめに管理したい時には、手帳が便利ですね。しっかり記入してけば渡し忘れ防止にもなります。

最後までご覧いただきありがとうございました。