カードにチャージしておけば、電車やバスの乗車はもちろん、買い物時の支払いにも活用できるICカードがある。それが今回ご紹介するPiTaPaです。

まずは、PiTaPaについてやチャージの仕方、PiTaPa倶楽部の会員登録やICカードの申し込み・解約の仕方などをまとめています。

スポンサーリンク

PiTaPaは多機能ICカード

PiTaPaカードは、電車やバスに乗る時に楽々乗車できる交通機関のICカードです。ではどのような使い方ができるのかというと。

  • 電車やバスの乗車時の支払い
  • 自動販売機での支払い
  • コンビニでの支払い
  • 提携しているお店での支払い

このように、多機能ICカードとしてお買い物やお食事代などの支払いの時にも役立ちます。お財布を持たなくて良いところがいいですね。

 

ちなみにPiTaPaカードで支払いをするとポイントもつき、貯まったポイントは500ポイントで50円分の代金として電車代などでも使えます。※ポイントには有効期限があります。

また、チャージ方法は現金チャージ機で行うのと、オートチャージになります。オートチャージは、1000円以下になると自動的にカードへチャージしてくれる仕組みです。

基本はオートチャージにされた方が面倒がないのと忘れ防止にもなりますよ。

PiTaPa倶楽部に会員登録して利用してみよう!

PiTaPaカードを作ったら、登録無料のPiTaPa倶楽部への入会手続きをしておきましょう。

  1. 公式サイトへアクセスし、画面上部の「PiTaPa倶楽部会員登録」を選択。
  2. スクロールし下部にある「PiTaPa倶楽部に会員登録する」を選択。
  3. 利用規約を読み、同意して次へ進みます。
  4. カードの番号などを入力し、画面に従って手続きをすればOKです。

登録が終われば以下のようなサービスが受けられます。

  • 連絡先や住所の変更
  • 利用代金や明細(交通機関・ショッピング)の照会
  • 利用履歴の確認
  • 付与されたポイントの残高確認
  • ポイントの有効期限の確認

便利な所は、パソコンだけでなくスマホからも確認できるようになっていますので、時間を気にせずいつでも見れるのが便利ですね。

スポンサーリンク

実際にPiTaPa倶楽部を利用すると、会社で電車移動などがあった場合に、使った分を忘れてしまう時があります。そんな時にも、利用明細を見ればどれだけ乗車したのか確認できるのでも安心です。

また、明細を印刷したい時などは、印刷できますので紙ベースで保管することもできます。

PiTaPaの申し込み・解約方法

PiTaPaにはカードの種類がいくつか用意されており、利用目的によって選択できるようになっています。ここでは、ベーシックタイプのオンライ入会の手続きについてご紹介していきます。

申し込み方法

  1. 公式サイトへアクセスし、「PiTaPaカードオンライン入会」を選択。
  2. 「オンライン入会」を選択、「PiTaPaベーシックカード申込」を押します。
  3. 規約を読み同意し、個人情報・必要事項を入力。
  4. 内容を確認し申し込みをすれば完了です。

引き落とし口座に関しては、オンラインか郵送かを選択して手続きをしましょう。またオンラインでの手続きでは最短で2週間でカードが届きます。

解約方法

カードの解約は、PiTaPaのコールセンターへ電話をし「解約したい旨」を伝えます。※クレジット機能付きの場合は、各カード会社への連絡も必要

  1. 解約申込書が郵送で届きます。
  2. 必要事項を記入してPiTaPaカードと一緒に返送します。

これで解約手続きは完了したことになりますが、注意点が2つあります。

カードの中にチャージした金額が残っている場合、1枚500円の払い戻し手数料がかかりますので、使い切って解約をしましょう。また、家族カードを作成している場合、本会員を解約するとすべてのカードは無効となりますので注意してくださいね。

まとめ

※PiTaPaの公式サイトはこちらになります。

ピタッとタッチすればというフレーズが印象的なICカードになりますが、切符を買う必要もなくなりますし改札を通る時も、かざすだけで通れますので便利ですね。チャージ機能もありますので、乗り越し精算などの煩わしさもなくなりますよ。

また、PiTaPaは入会も簡単にできますし、カードが届いたら便利に使えるPiTaPa倶楽部は無料で利用することが可能ですから、届いたら活用していきましょう。

PiTaPaはいつもわかりやすい所へ入れておこう!

Suicaカードが入るケースを準備しておけば、PiTaPaを使う時にピタッとタッチができますね。便利ですので使ってみてもよいのではないでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。