子供だけが楽しめるのではなく、大人も楽しめる職業体験のテーマパークがある。それが今回ご紹介するカンドゥーです。

千葉県美浜区のイオンモール内にあるカンドゥーの営業時間や料金、チケット購入と体験アクティビティの当日予約方法、そして当日の楽しみ方などをまとめています。

スポンサーリンク

カンドゥーの営業時間・料金

こどもの楽しめるお仕事体験パークと言えばキッザニアが有名ですが、親子みんなが楽しめる体験パークとして生まれたのがカンドゥーです。憧れのお仕事をする人になりきって、思う存分パークで体験ができます。

体験できる仕事の種類は30種類以上もあり、一日では回り切れない程楽しめます。また、待っている時に家族でゆっくりと食事を楽しめるように専用の席が用意されています。いつでも自由に休憩が取れるので席を探す大変さが無くなります。

《営業時間》

カンドゥーは、第1部と第2部に分かれていて予約制の完全入れ替えとなっています。

  • 1部の営業時間:10:00~14:30
  • 2部の営業時間:15:30~20:00

《料金》

料金はハイシーズン、ローシーズンに分かれています。

  • ハイシーズン:小人(3〜15歳) 3,900円・大人(16歳以上) 2,500円・シニア(55歳以上) 1,000円
  • ローシーズン:小人(3〜15歳) 3,200円・大人(16歳以上) 2,500円・シニア(55歳以上) 1,000円

乳児 (0歳~2歳)は入場料無料です。また、入場料にはパーク内で使える500円の割引チケットも含まれています。

※入場料は変動があるため公式サイトにてご確認ください。

《アクセス》

カンドゥーの場所や行き方を知りたい方は公式サイト内にあるアクセスを参考にしましょう。

カンドゥーのチケット購入方法

チケットの購入方法は2通りあります。

  • WEB購入
  • コンビニエンスストアで購入

※コンビニは、セブンイレブンとサークルKサンクスが購入可能となっています。

では、WEBでチケットを購入する方法を見ていきましょう。

  1. 登録する際にクレジット情報が必要ですので準備しておきましょう。
  2. 公式サイトにアクセスし、まずは無料会員登録します。
  3. 空き状況のカレンダーから日時を選択。※購入予約は前日20:00まで可能
  4. 次に購入枚数を選択し購入します。
  5. 購入後は確認メールが届きますので、来場の際に必要となるQR コード/整理番号を印刷しておきます。

少しだけ補足しておきます。まず、購入枚数は全員分にしましょう。そしてQR コード/整理番号の印刷ができない場合は、スマホの画面を提示して入場することも可能ですので、どちらかお好きな方で入場しましょう。

スポンサーリンク

そしていよいよ入場ですが、体験してみたいアクティビティの予約をしなければなりません。

予約方法は、体験したいアクティビティの入り口にある予約機で時間を選んで予約ボタンを押します。確認画面が表示されたらカードリーダーにカードをかざして完了です。※お子様しか予約ができません。

カンドゥーの当日に思いっきり楽しむ方法

まず気をつけないといけないのは、当日の入場順番はチケット購入順とはなりますが、ネット予約が優先されているので、コンビニで購入した場合は入場時間が遅くなってしまいます。

では、カンドゥーを楽しにはどのようにすればよいのか見ていきましょう。

  • 連休明けの平日などが狙い目
  • もの作りできるアクティビティは必ず体験
  • 親子で一緒に体験できるアクティビティは早めに予約

私の友人がオススメするカンドゥーの楽しみ方は、こんな感じです。また、お仕事体験をすると類似通貨のカッチンがもらえて、買い物もできますし、余っても次回も使えるので嬉しいですね。

入場の際に1つ席をもらえますが、ここは自由に使えるのでお父さんやお母さんが飲食して待っているということもできます。お子さま主体の体験がメインなので、なるべくお子さまが行きたいところを優先してあげ、親御さんは席で待っていましょう。

《注意点》

カンドゥー市民カードは、アクティビティの予約に必要なICカードなので、肌に離さず持っているようにお子様に言っておきましょう。

まとめ

※カンドゥーの公式サイトはこちらです。

カンドゥーはお子様も親御さんも一緒に楽しめるので、子供の喜びが非常に大きく感じます。しかも職業体験は30種類以上もありますので、また行きたくなってしまいますね。

空いている時などは、予約なしで楽しめたりすることがありますので、そんな時はラッキーだと思って楽しみましょう。

カンドゥーに行く前に準備!

子供と荷物を分けていると熱中し過ぎて忘れてしまったりすることがありますので、大人用のバックに子供の荷物も入れてから出発すると良いでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。