少しでも安くカラオケを楽しみたい!もしくはカラオケで飲み物などを自分たちで持ち込みをしたい!という思いを持っている方も多いと思います。

そんな悩みを解決してくれるのが、今回ご紹介するまねきねこです。まずは、どんなところなのかや料金、クーポンや利用するメリットなどをまとめています。

まねきねこの料金や店舗情報!

カラオケ「まねきねこ」は、地方を中心に展開している郊外ロードサイド型店舗や、また首都圏の駅前・繁華街などの都市型店舗を展開している全国チェーン店としても知られています。

まねきねこの特徴としては最安値を実現しており「飲食物持ち込み自由」を特徴としています。このため、調理にかかる人件費を極力抑えて節約し、その分料金が安くなっているんです。少しでも安い金額で利用をしたいという方におすすめですね。

では、面白い取り組みや料金などを簡単に見ていきましょう。

面白い取り組み

  • 高校生グループの室料を無料にする「ZEROカラ(ゼロカラ)」
  • 午前11時より前の入室の場合、昼の12時まで誰でも室料が10円

このような「朝うた」といったキャンペーンが開催されていますので、公式サイトでチェックしてみましょう。

料金

店舗によって料金が異なりますので、お店に行く前に店舗検索をして料金を調べておきましょう。ちなみに私が以前行っていた蒲田西口店を例にして料金をご紹介します。

  • 7時~18時:室料30分130円(ドリンクバー付)・フリータイム900円(ドリンクバー付)
  • 18時~7時:室料30分400円(ドリンクバー付)・フリータイム22時~5時まで1800円(ドリンクバー付)

※店舗検索や各料金については店舗情報を参考にしてみてください。

メニュー

まねきねこに行く前にメニューを見ておきたい時は、公式サイトでメニュー一覧が閲覧可能となっていますので、そちらで確認しましょう。

まねきねこのお得なクーポンでさらに割引!

まねきねこは、通常の料金は安いことでも知られていますが、さらにお得な価格で利用をすることができるクーポン券があります。それが、会計総額10%割引きクーポンです!

こちらのクーポンを利用することによって、毎回支払総額から10%の割引がされるので使わないてはありません。では、使い方や注意事項を見てきましょう。

クーポンの使い方

  1. 公式サイトを開き、上部バナーの「キャンペーン・クーポン」を選択。
  2. 10%割引クーポンが表示されますので選択すればOKです。

これを会計時にスマホで提示すれば使えますし、印刷して使用をすることもできます。お好きな方で使っていきましょう。

注意事項

クーポンはどんな時でも使えるという訳ではありません。朝うた・ZEROカラなどでは、一部利用できないコースがありますので注意が必要となります。

また、年末年始や冬休み期間などといった、特別期間中は利用することができないので、気を付けましょう。

まねきねこを利用するメリット!

まねきねこを利用するメリットは、いくつかありますので見てきましょう。

持ち込みOK

飲食物全般を持ち込むことができるというサービスは非常に嬉しいですよね。カラオケの料理などを注文すると結構お金がかかってしまうことがありますよね。

それが大人数だと大変です。持ち込みOKであればお金の節約もできカラオケも楽しめるメリットがありますね。

一人カラオケ料金がある

まねきねこでは、最近はやりの一人カラオケ料金が設定されています。一人でも気兼ねなく利用でき料金も通常価格ではないので、気にせずにはしゃぎまくれますね。

その他

夜勤あけの方や朝から歌いたいという方向けに、早朝営業もやっています。また店舗によっては24時間営業開いているお店もありますので、色んな時間帯に気兼ねなく利用することができます。

また、店舗ごとに趣向を凝らした色んなイベントが準備されており、それらを楽しむ事ができるのもメリットがあるのではないでしょうか。

まとめ

※まねきねこの公式サイトはこちらになります。

とにかく安く抑えて楽しみたいという方は、一度足を運んでも損はないかと思います。またキャンペーンやクーポンなども充実していますので、楽しく歌って過ごすことができるカラオケ店ですね。

1日中いても楽しめそうです^^

まねきねこでカラオケを楽しんだら忘れずにすること!

たくさん歌って遊べる、まねきねこでカラオケを楽しんだら、喉の調子を整えるためにのど飴を食べて癒してあげましょう。連続で歌ったりすると結構喉にきますからね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カンロ ボイスケアのど飴(90g)
価格:261円(税込、送料別) (2017/12/9時点)

最後まで読んでいただきありがとうございました。