毎日水って飲んでいますか?摂取の仕方はさまざまで水道水、もしくはコンビニで買う、大量にネットで注文したものを飲んでいるなどあります。でも結構買ったりするのって面倒ですよね。

そこで今回は、専用の機械を導入すれば定期的に美味しい水を届けてくれるコスモウォーターについてご紹介します。料金やメリット、そして申込・解約の流れなどをまとめています。

スポンサーリンク

コスモウォーターとは!?

コスモウォーターはレンタルサーバーで美味しいお水を飲むことができるサービスを提供しています。利用する時の料金は以下の通りです。

  • ウォーターサーバー本体は無料
  • メンテナンス費用やお水の配送料も無料
  • 初期費用はお水24Lで3800円

こちらのみ。他の会社と比べても安く、続けやすいのが魅力ですね。

 

ウォーターサーバーを設置する魅力といえば、簡単に美味しいお水が飲めて、すぐにお湯も出せるという点ではないでしょうか。もちろん調理にも使えるお水なので、お水を変えただけでご飯が美味しく炊けたというような声も多いようです。

お湯がすぐに出るため、カップ麺などを作る時も早いですし、小さなお子さんがいるご家庭では、お湯を沸かす際にお子さんに注意しておかないと火傷の心配などあったりしますが、ウォーターサーバーなら安心ですね。

 

また、コスモウォーターではキャンペーンも実施していて、初期費用0円でのスタートというのがあります。これは1ヶ月分のお水が無料でもらえてサーバーを利用できるというものです。

キャンペーンは期間限定ですから公式サイトで必ず確認しましょう。

コスモウォーターのここがすごい!

美味しい水を毎日飲みたいという方も多々いらっしゃると思いますが、コスモウォーターの良いところをピックアップしてみました。

スペースを取らず、水の交換もラクラク

こちらの提供するサーバーは、A4用紙1枚分のスペースがあれば設置可能なんです。しかも、すべて配送員さんが設置してくれますので場所だけ指定しておきましょう。

また、水の交換って結構大変ですよね。イメージとして、このようなウォーターサーバーは水が上に設置されていることが多いですが、コスモウォーターは下にセットするように作られているので、お水の交換がラクラクです。

美味しいお水でメンテナンスも軽減

サーバーはクリーンエアシステムというシステムを導入していて、これがお水の美味しさをより引き立ててくれます。このシステムがあることによってメンテナンス回数が極力抑えられる事によって、点検が無料となっているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

品質が高い水

コスモウォーターのお水はモンドセレクションでも認められた品質の高いお水です。厳選された天然水は、採取後にしっかり検査も行われているので、安心安全のお水です。

小さなお子様がいるご家庭で人気があるのは、このようなしっかりした検査体制の元で出荷されているお水だからです。

その他

万が一、サーバーが故障したときには無料でサーバーを交換してくれます。そしてボトルの水も最後の1滴まで使い切れるので無駄がありません。

毎日の生活に、ウォーターサーバーをプラスするのもいいかもしれませんね。

コスモウォーターの申込方法と解約方法

申し込みと解約については簡単ですので見ていきましょう。

申し込み方法

申し込みは公式サイトか、もしくはお電話で簡単にできます。ここではネットでの申し込みの流れを簡単にご紹介していきます。

  1. 公式サイトの画面上部の「新規お申込みはこちら」を選択。
  2. 「エリア・種類・本数を入力し料金を確認後、次へ進みます。
  3. 個人情報を入力し支払方法を選択し確認すればOKです。

あとは希望の日時にサーバーを設置しに来てくれますが、少しだけ補足しますと、サーバーはお好みによってホワイト、ピンク、ウッド、ブラックの4色から選べます。※ウッドのみ初回2000円の別料金が発生

水の配送間隔ですが、使っていて途中で変えることも可能ですので、まずは1本からスタートしてみると良いでしょう。電話で申し込みをする時も伝える内容は一緒です。

解約方法

使用してみて解約したいと思った場合は、電話で解約可能です。専用のフリーダイヤルがありますので、そちらに電話して必要な手続きについて聞いてください。

まとめ

※コスモウォーターの公式サイトはこちらになります。

手軽に美味しいお水が毎日飲めると、気分がいいですよね。コスモウォーターは、お水だけの値段で利用する事が可能で、価格もリーズナブルですから嬉しいですね。

運動で汗をかいた後はコスモウォーターの美味しい水で水分補給!

ランニングマシーンなどで運動した後は、コスモウォーターで設置した水を飲めば、さらに美味しいと感じるかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。